有限会社 太陽商会
EMと水と太陽の郷 天然の恵みをそのままに 有機にこだわる 農業生産法人
img20180523084910409286.jpg持続可能な農業 ~ Sustainable Agriculture ~ img20190516094954215657.jpgEM栽培米「残留農薬0の米」情報 img20181110133731003462.jpg旬日和(Shop) img20180523084910108947.jpg農場から食卓へ ~ Farm to Table ~ img_20180524_0001a.jpg商標登録第5919701号 EM栽培米「残留農薬0の米」 img20180523084909977258.jpg有機栽培 ~ Organic Farming ~ cimg3496b.jpg右側 「残留農薬0の米」の稲株 コスモグリーン施肥(岩手コンポスト(株)製造・販売) img20180523084910393552.jpg地耕地培 ~ Grow Locally ~ dscn0542a.jpg450項目に及ぶ残留農薬検査で全て検出されず (財)日本食品分析センター調べ

【コラム】賢治のLeave no one behindの精神

ご存じでしょうか?SDGsを。
これは、貧困・飢餓の撲滅などを目指す国連の「持続可能な開発目標」について
2030年までの人間、地球及び繁栄のための行動計画として
先進国と途上国が共に取り組む普遍的な平和を追求する17の目標が設定され、
地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
その2番目に「持続可能な農業の促進」を掲げています。
実はこれらの目標は、宮沢賢治が「農民芸術概論綱要」(序論)に綴っている
「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」
という一節そのものではないでしょうか。
この精神が今も尚色濃く残るここ岩手県花巻市で栽培されている
「EM栽培米 残留農薬0の米」は、有機質肥料の使用や環境保全に特化した
原点回帰の農業に取り組み生まれたお米【花巻オリザ】※です。
世界中の誰もが幸福で安心安全なお米を食べられる世の中であって欲しい、
そんな思いがあるからこそ、このお米の価値が認められるのです。
※【花巻オリザ】は宮沢賢治の故郷で育まれているお米のブランドイメージです。
「オリザ」とは稲の学名(ラテン語 Oryza)。
宮沢賢治の作品の中にも引用されています。